意図した瞬間から「なった世界」

スポンサーリンク
引き寄せの法則
スポンサーリンク

願望は持った時点で叶っています。

それは意識がその体験をしたいと望んでいるので願望として出てきたのです。

なりたい自分になったと意図を示せばいいのです。

意図を示した時点から世界は「なった私」になっているのです。

 

 

それは一見何も変わらないように見えるかもしれません。

何も変わらないように見えるかもしれませんが叶っております。

なっているのに何か不都合なことが起こることもあるかもしれません。

でももうすでに「なっている」ので心配する必要はありません。

「なったからこそ」不都合に「見える」現象が起こっただけです。

 

 

なかなか状況が変わらない人は不都合なことに振り回され、願望を取り消しにしているのが現状、何も変わらない人がやっていることなのです。

 

 

叶ってない状態は叶ってない状態を叶えているということです。

意図を持った時点で叶っているのがデフォルトです。

ですから何も状況が変わっていないように見えるのを見える部分だけで判断して意図を取り下げてしまうのはもう終わりにしましょう。

 

 

それは世界の中の自分ということを認めてしまっていることになります。

なった世界でどんなことが起ころうとなったから起こったことなんだと認めてください。

それは小さなこともだし、ちょっと嫌な気分になることもあるかもしれません。

全く関係ないことも全て叶った私だから起こった出来事なのです。

 

 

天気が晴れたことも叶った世界だから。

上司に怒られたのも(願いと全く関係がないことでも)叶った世界だから。

楽しみにしていたパートナーとのデートがキャンセルになったのも叶った世界だから。

 

 

全て全て意図してから起こったことは叶った世界だから起こったことなのです。

それを少しずつでいいから認めていってください。

抵抗があるかもしれませんが、それは今まで思考がそのような判断をしてこなかったから「思考にとって意味がわからない」というだけ。

 

 

あなたは思考ではないので今までの思考の流れを変える必要があります。

今まで知らなかったことを取り入れるのは思考にとっては難しい作業かと思います。

 

 

ですが、なんども言いますが意図した瞬間から叶っているんです!!

 

 

色々叶わない理由を探すより、単純にこの、なった世界を採用した方が明らかに自分にとって幸せなことではないでしょうか?

人は証拠が目に見えて現れないと認めたくないと思ってしまい、いつの間にか「なってない証拠探し」をしてしまいます。

それも思考がやってることです。

 

 

思考は私ではないのでそれに気づけば切り離すこともできるし、勇気を持ってなった世界を採用し続けてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました